私も妊活予備軍?

ライフ




先日、フジテレビの「隣の家族は青く見える」の第三話が放送されました。




すっっっごくザックリ説明すると、
深田恭子さん演じる五十嵐奈々と、
松山ケンイチさん演じる旦那さんが妊活に立ち向かっていくストーリーです。




私は結婚はしていませんが、結婚を視野に入れたお付き合いをしている彼と、
今後の生活や子供について話すことがあります。




私自身は3姉妹で、平凡だけど家族の愛を感じられるとても温かい家庭に育ちました。
自分もいつか結婚したら、子供を産んで、
自分が育ったような温かい家庭を築きたいと考えています。




スポンサーリンク


クレチン症は妊娠しにくい

今まで特に妊活について深く考えたことはありませんが、
先日持病の定期健診の際に
クレチン症は妊娠しにくいと伝えられました。




クレチン症は「先天性甲状腺機能低下症」の別名です。
甲状腺機能低下症には先天性のものと後天性のものがありますが、
私の甲状腺は生まれつきあまり機能していなかったようです。




クレチン症の原因は、
甲状腺そのものがない、もしくはあっても十分な大きさがないか、別の場所にあって働いていないか、
甲状腺ホルモンがうまく作られないことなどによっておこります





クレチン症には治療が必要で、甲状腺ホルモン製剤を投与しなければいけません
私も物心がついた時から今日までずっと薬を服用しています。
1日飲み忘れたところでいきなり体調が悪くなるとかではないですが、
これからもずっと薬を服用しなければいけません。
(毎日薬を服用している為か、クレチン症を患っていて体調の悪さを感じたことはありません。)
(外見的には、喉の前部分がポッコリ腫れているように見えます。痛くはありませんが、
圧迫感を感じることはあります。)




甲状腺ホルモン製剤ですが、保育園に行っていた頃は、飲みやすいオレンジ味の粉薬を服用していました。
小学生になってからは、味のない粉薬へと変わりましたが、
小学校高学年か中学生になる頃(あまり覚えてない)、粉薬を服用するのが苦手になり、
錠剤へと変更してもらいました。
今も錠剤を服用しています。






定期健診は1年に3度程、問診と血液検査を行っています。
検査結果によって、薬の量を微調整します。






前々回の血液検査の結果が、今までで一番思わしくなかったようで、
「(年齢的に)結婚は考えている?妊娠は希望している?
この数値のままだともしかすると妊娠しにくくなるかもしれないね」
とのこと。




甲状腺ホルモンが著しく不足しているからと言って必ずしも不妊症になる訳ではないそうですが、
今までに感じたことのないような不安が胸に広がりました。


いざとなったら甲状腺ホルモンを補うことによって解決するようです。




もし私の病気がキッカケで妊娠がしにくく、彼にも迷惑をかけてしまったらと思うと
本当に申し訳ない気持ちで押し潰されそうです。




スポンサーリンク


まとめ

今までテレビなどで芸能人の誰々が妊活中だというニュースを見ても
そこまで気に留めていませんでしたが、
担当医の言葉と「隣の家族は青く見える」の放送時期が重なったこともあり、
なんだか「妊活」や「妊娠」というものが急に身近なものに感じました。




今すぐ子供が欲しい!というわけではありませんが、
その時が来た時に、可能な限り不妊症を防ぐ為にも、
自分の病気にきちんと向き合っていきたいと思っています。




良い大人になっているにも関わらず、
毎日の日課の薬を飲み忘れてしまう日もチラホラ、、、。


それの繰り返しで甲状腺ホルモンが足りず、甲状腺の数値が下がり
不妊症になってしまったら悔やんでも悔やみきれません。




毎日目の前のことにいっぱいいっぱいになってしまっていますが、
これからの人生についても今まで以上に真剣に目を向けていかなければいけませんね。


スポンサーリンク


remi

愛犬の怪我をきっかけに会社を退社。その後、会社に所属せずに収入を得て生活する術を模索。運よくBUYMA(バイマ)に出会い、ネットビジネスを主軸に自由に生きられるようになる。

remiをフォローする
ライフ
remiをフォローする