動いて汗をかいた分だけ得るものがある

BUYMA(バイマ)




昨日はBUYMA(バイマ)のお客様からのご注文の商品を、
某ブランド直営店へ買い付けに行って来ました!




接客対応してくださったのは、20代~30代と思しき男性。
3日前にパリの店舗から異動してきたばかりとのこと。




彼の言動と所作からは、どことなく自信が感じることができ、
とても心地の良い接客を受けることができました。
(言動がおどおどした店員さんからの接客って、なんだか不安を感じませんか?)




せっかくの機会だったので、フランスと日本国内での売れ筋商品の違い、
商品の特徴等をここぞとばかりに聞いてきました。




スポンサーリンク


ミニ財布が売れるのはアジア圏

店員さんとの会話でこんな情報を得ることが出来ました!




・フランスと日本での主な売れ筋商品は同じ。
フランス国内の店舗にもアジア人(日本人、中国人、韓国人)が多く訪れて商品を買っていく為
・コンパクトウォレットが多く売れるのは、主にアジア圏。
ヨーロッパの人はほとんど長財布を使う為。
折り畳みを使うのはどちらかというと男性が多い。
ヨーロッパの方はカード決済が多く、
カードのみが収納できるコンパクトウォレットを好む男性が多いとのこと。






これらの情報はネットでも知ることが出来る情報かと思いますが、
私は実際に店舗へ足を運んだことで知ることが出来た情報です。




その他にも、数日前に国内完売で出品停止にしたアイテムを
買付先の店舗にて再入荷されているのを見つけ、
その場でスマホで再出品したら数時間後に受注に繋がったり、
どの店舗に在庫があるのかすぐ調べて頂けたりします。




ただ買い付けに行くだけなのはとても勿体ないです!
更に利益を伸ばす為にも、可能な限りブランドの情報を聞き出してきましょう。




店舗の担当の方と仲良くなると、新作の入荷情報の連絡を貰えたりします。
今年のお正月には、新年の挨拶を記したお手紙を頂きとても感激しました!






あと、個人的には、キャバクラのお仕事からも、
バイマに生かせる情報を得ることが出来ると感じています。




スポンサーリンク


どんな人が買ってるの?

キャバクラへ来店されるお客様は、経営者の方・会社役員の方をはじめ、
比較的経済状況に余裕のある方が多いです。




その為、身に付けている小物類や衣類もブランドアイテムを好む方が
多いように感じます。




・どの年代の方がどのブランドを好むのか
・どのブランドのどんなアイテムを買っているのか
・奥様やお子様はどんなブランドを好んで使っているのか
・直営店に買いに行くのか、ネットで購入するのか






話の自然な流れでこれらを聞いています。
皆さん快く色々と話してくださいますよ^^


商品の買い付けに行った際や、街中でも
どんなブランドのアイテムが使われているのか気にはしていますが、
実際の使用感や商品の耐久性、どの店舗の接客が良いのか等、
生の声を聞くことができます。




逆に、ブランド直営店で得た新作情報や次のコレクションの話をすれば、
お客様にも喜んで頂けるし、とても話が弾みます。




バイマとキャバクラ、どちらにも取り組んでいる方は
それぞれの仕事の良いところを生かして欲しいと思います。
(どっちもやっている人ってどれくらいいるんだろう。)


スポンサーリンク


remi

愛犬の怪我をきっかけに会社を退社。その後、会社に所属せずに収入を得て生活する術を模索。運よくBUYMA(バイマ)に出会い、ネットビジネスを主軸に自由に生きられるようになる。

remiをフォローする
BUYMA(バイマ)ビジネス
remiをフォローする