程よい緊張感が人を成長させてくれる

ビジネス




今日も近所のコメダ珈琲店へ来てお仕事をしています。
来店したのは15時ちょい前頃だったんですが、
禁煙席は満席で、待ちがあるほどの盛況ぶりでした。




10分程で席に通されたんですが、
この時間ってこんなにカフェ需要あるんですね。
ランチ時は避けて行ったから大丈夫かと思ったんだけどな、、、。
考えが甘かったーーー。


みんな3時のオヤツでも食べにきてるのかな。笑
(3時のオヤツって文化、まだあるの?)




パっと見た感じだと、かなり女性率高め。
井戸端会議に花が咲いています。




ちらほらといる男性の方は、
パソコンを開いているか、読書をしている模様。
隣の席のパソコンを開いている男性もネットビジネス仲間かな?




普段食べることのないチリドッグをつまみながら、
カフェでお仕事にすることに関しての気付きをシェアしたいと思います!


スポンサーリンク


人目に晒される程よい緊張感が行動力を増してくれる

前回ここへ来た時はさほど混んでいなかったのであまり思わなかったけど、
今日気付いたことがあります。




それは、人目に晒されると仕事がはかどる、ということ。




誰も私のことなんて気にしてないんだろうけど、
パソコンを打つ自分の姿に少し酔いながら(笑)仕事をすると、
いつもよりはかどる気がします。




ブログに書きたいこととか、ポスターやポップのデザイン案もどんどん浮かんでくるし、
バイマのリサーチや出品作業もサクサク進む。




正直、コーヒー代や(家で飲めるし)、
外出の準備と移動時間を節約したい気持ちもあります。




でも、ずっと家にこもって仕事をしていると、
テレビや漫画に脱線したり、
思考が広がらなかったりしませんか?




それを考えると、
少しのコーヒー代と移動時間を掛けてでも外で仕事をした方が
生産性が高いと思うんですよね。




コーヒー代なんて、生産性の上がった行動力ですぐに回収しちゃえばいい話です。




お金を節約することだけではなく、
お金を増やすこと前提の行動をしましょう。




スポンサーリンク


タイムリミット効果

まだまだ時間はあると思うと逆に動けなくて、
自分に制限をかけることで行動力が増します。




今日なんて、「14時かー。お昼寝してもまだまだ仕事できるなぁ。」
なんてこと考えてました。笑




私は眠りが深いので、一度寝たらアウトで、
気が済むまでいつまででも寝ていられます。




来月でキャバクラ勤務も終わるし、
寝てる場合じゃないなー、と自分のお尻を叩いて外へ出てきました。
(やるしかない状況に追い込んで良かった。笑)




カフェに来たところでダラダラと仕事をしてもしょうがないので、例えば


・3時間で仕事を終わらせて帰る
・ブログを5記事書くまで帰らない
・閉店2時間前にお店に行って、閉店時間=タイムリミットの状況を作り出す




のように、自分なりのルールを作って仕事をするのがおススメです!


スポンサーリンク


remi

愛犬の怪我をきっかけに会社を退社。その後、会社に所属せずに収入を得て生活する術を模索。運よくBUYMA(バイマ)に出会い、ネットビジネスを主軸に自由に生きられるようになる。

remiをフォローする
ビジネス
remiをフォローする