「花男」新章ドラマ化!杉咲花が連ドラ初の主演を演じる

未分類




4月からTBS系で
『花のち晴れ~花男 Next Season~』がドラマ化されます。


原作は人気漫画家の神尾葉子が手掛ける、累計発行部数6100万部突破の
「花より男子」の新章となっています。


F4が卒業して10年が経ち、
かつての輝きを失いかけている英徳学園を舞台にした
もうひとつの「花男」。


「自分らしく生きる」がテーマとなったストーリーを
新世代のキャラクター達によって演じられます。




スポンサーリンク


F4が卒業した10年後が舞台

ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」は、
毎週火曜よる10時〜TBS系にて放送が決定。


「逃げるは恥だが役に立つ」や「せいせいするほど、愛してる」など、
多くの女性ファンを増やしてきたTBS火曜ドラマ枠での放送とのことで、期待も大!




気になるキャストですが、
主人公の江戸川音を演じるのは、
意外にも連ドラ初主演の杉咲花。




様々なCMでも存在感を発揮し、
映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・新人俳優賞を受賞した実力派。
そんな彼女が演じるのは、超金持ち名門校に通う「隠れ庶民」。
貧乏な暮らしを強いられているが、
そのことを周囲には内緒にして学園に通っている。




杉咲と共演するのは、先日「King&Prince」としてのCDデビューが発表されたばかりの平野紫耀。
彼は、音に深く関わる神楽木グループの御曹司、神楽木晴を演じる。




さらに、音の許婚で、英徳学園を猛追するライバル校の桃乃園学院で
生徒会長を務める馳天馬役には中川大志が決定。
様々なテレビや映画、CMで活躍する中川には期待がかかります。






新章・花男「花のち晴れ」(少年ジャンプ+で連載中)は、
F4が卒業してから10年後のストーリー。
落ち目になった英徳学園を舞台に、
人に言えないヒミツを抱えた新世代キャラクターたちが
「自分らしく生きる」をテーマに物語を紡いでいく。






スポンサーリンク


まとめ

私が前回の「花より男子」をみていたのは確か高校生の時で(歳バレる。笑)、
当時は自分の学生生活と比較をしながら見ていた記憶があります。




私は女子高出身だったので、共学での楽しさや大変さは分かりませんが、
ドラマを通して気持ちだけでも共学生活を味わっていました。
憧れでしたね、共学生活。
超大金持ちばかりが通う華やかな学生生活にも魅かれるものがあったように思います。






新章・花男は「自分らしく生きる」をテーマに進められるストーリーとのことで。
かつて高校生だった私は、
「自分らしく生きる」ことの難しさを体感していたように思います。




多感な時期だったというのはもちろん、
中学生までの頃とは違って、関わり合う人も増え、
その環境の中で周りの人と自分を比較ばかりしていました。


・○○ちゃんの方が痩せている
・流行りの物を持っている
・家族での外食が多い




あげればキリがありません。




大人になれば自分らしく生きることができるのかといわれたらそうではありません。
「自分らしく生きるってどういうこと?」という視点も持ちながら
春からの放送を楽しみに待とうと思います。


スポンサーリンク


remi

愛犬の怪我をきっかけに会社を退社。その後、会社に所属せずに収入を得て生活する術を模索。運よくBUYMA(バイマ)に出会い、ネットビジネスを主軸に自由に生きられるようになる。

remiをフォローする
未分類
remiをフォローする