良い子を演じることをやめました

その他




10年前くらいに働いていた会社で、
約3ヵ月休職したことがあります。




病気や怪我が原因ではありません。
自分の心が弱かったこと、そして、
嫌なことを受け流す力がなかったことが原因です。




当時は、こんなにも会社に迷惑をかけてしまって、、、
と思うだけでしたが、その体験から得るものもあったな、
と今になって思うことが出来ています。




今日は、休職の経験から得たものをシェアしたいと思います。




スポンサーリンク


休職した理由

私が当時働いていた会社で休職した理由、それは、
会社の人間関係に疲れてしまったことが原因でした。




今振り返ってみると、
もっと上手く立ち回れば良かったのにと思いますが、
当時は嫌なことばかりにフォーカスしてしまっていたように思います。






今は思ったことは基本的に意見することが出来ますが、
当時は相手の顔色ばかりを伺って、
言いたい事を飲み込んでばかりいました。
嫌な事があると、小さなことでも思い詰めてしまう性格でした。






先輩が明らかに間違えていることをしても何も言えず、
3日連続で遅刻してきてももちろん何も言えず。




色んなことが募りに募って、遂に爆発しての休職。




直属の上司と隣のグループの先輩がとても親身な方で、
2人に相談し、気持ちが回復するまでお休みを頂けることになりました。




スポンサーリンク


休職をキッカケに得たモノ

休職明け、
私は人が変わったように言いたいことを言えるようになりました。






休職中に強く思ったんです、
「良い子にしてても良いことない」
って。




「人に合わせて言いたいこともガマンした結果がこう(休職)なら、
これからは言いたいことはなんでも言おう。」
そう強く思いました。






言いたいことをガマンしていませんか?


周りに合わせることが癖になっていませんか?


良い子を演じることが普通になっていませんか?




仕事の後の先輩とのご飯も、
休みの日の遊びの誘いも、
行きたくもないのに嫌われるのが怖くて誘いを断れず、
あとから友達や彼氏・彼女にグチるぐらいなら、
最初から断ればいいんです。




その方が心も健康だし、
グチを聞かされる周りの人の為にもなります。






私は自分の良いたいことが言えるようになってからは、
自分の人生を生きられるようになったと感じます。




嫌われることが怖くなくなったことが大きな要因だと思います。




今は本当の自分と合う人とだけ付き合うことができています。
その為に何か難しいことをしたわけではありません。




良い子を演じることをやめただけです。




このブログを読んで頂いている方の中にも
昔の私のような辛い気持ちをしている方がいるかもしれません。




是非思い切って一歩踏み出し、
本当の自分を生きてほしいと思います。


スポンサーリンク


remi

愛犬の怪我をきっかけに会社を退社。その後、会社に所属せずに収入を得て生活する術を模索。運よくBUYMA(バイマ)に出会い、ネットビジネスを主軸に自由に生きられるようになる。

remiをフォローする
その他ビジネス
remiをフォローする