執着という病気

ライフ




「執着」って聞くと、あまり良くない印象がありますよね。
仕事のやり方でもそうだし、過去の栄光への執着、恋愛面での執着。


私は、執着は成長への機会を損失するものとして捉えています。




何らかの対象に執着する気持ちが、
自分の心や身体を蝕む様子が想像出来ることから
「病気」という言葉で表現しました。




いろんな執着があるかと思いますが、
今日はBUYMA(バイマ)に関するお話しをしたいと思います。




スポンサーリンク


売上が下がるのが怖い

「今までのやり方を変えて売上が下がるのが怖い」
という考えで今までのやり方に執着をして、
それ以上の利益を上げる機会を損失してしまっている人は少なくありません。




コミュニティやスクールで新しい方法や考えを学んだとしても、
それまでの自分の成功体験に執着していては次のステージへ進めません。




ノウハウコレクターになるだけ。




「やり方を変えて更に売上が下がるのが怖い」
なんて言っていたらいつまで経っても成長できません。




コミュニティに参加する時間がもったいないと思いませんか?
学んだことを実践しなければ、スクールに通う意味がないと思いませんか?






、、、こんな偉そうなことを言っている私ですが、
以前の私は、物凄く過去に執着して行動出来ないタイプ。




アクセスを集めやすい画像作成方法を学んでも、
今までのやり方に拘ってやり方を変えられない。




何か1つでも変えると、
「そもそも少ない売上がこれ以上少なくなったらどうしよう」
なんて考えて動けませんでした。




今思えば、5万円の売上が3万円になったところで状況はあまり変わらないと思うんです。
画像を変えたり、扱うブランドを変えて売上が下がったら、
以前のやり方に戻せばいいだけ。




正直、新しいやり方を覚えるという行為がめんどくさかったというのあります。




韓国からの仕入れを辞めて、国内買い付けを始める時も怖かったんです。
でも、あの時の一歩が無ければ今の売上はなかったと思います。




毎日コンスタントに売れるプチプラアイテムの扱いを辞めて、
ハイブランドを扱うのが怖かった。




自分自身もECサイトで洋服を買った経験があるので、
ネットで服を買う人の気持ちはわかる。


でも、ネットでブランド品を買った経験のなかった私には
「ネットでブランド品なんて売れるの?」という思考で、
高値売りになかなか切り替えられませんでした。




自分の思考の範囲内の行動をしていても、
それ以上の成長は望めません。




世の中にはあらゆる理由で、
ネットでハイブランドのアイテムを購入する方々がいます。
あなたの常識外のことかもしれませんが、
これは紛れもない事実です。






バイマでも、それ以外の仕事でも、恋愛でも、
今までのやり方やこれまでの経験への執着を捨てて、
新しい世界へと飛び込む人が増えると嬉しいです。
過去への執着で行動出来ない過去があったからこそ
心の底からそう思います。




モトカレ・モトカノに執着していても、幸せにはなれませんよ!
↑過去の自分に教えてあげたい。笑


スポンサーリンク


remi

愛犬の怪我をきっかけに会社を退社。その後、会社に所属せずに収入を得て生活する術を模索。運よくBUYMA(バイマ)に出会い、ネットビジネスを主軸に自由に生きられるようになる。

remiをフォローする
ライフ
remiをフォローする